人気ブログランキング |

cavalian cavalian.exblog.jp

ぎりぎりまで母さん業

ぎりぎりまで母さん業

気付けば来週入院なのに、準備らしいことをしていません。内心やや怖くなってきて逃げ腰なのは認めます…。
病気について口頭では伝えていたのですが、今週やっと双方の担任に日程などお便りしました。

持ち物はトラブルが多いらしいので貴重品は保険証や現金少々持つ程度。
病衣も衛生上貸し出しを勧められたので、あとは必要書類、最低限の服、基礎化粧品は旅行用の使い切りのものを。リュックで行こう、とさっき洗いました。
 
風邪をひかないようにねと先生に言われたけれど、今週は二回園行事があって、朝8時に息子を自転車で送って行ったり、暑いなか小学校の引き取り訓練もあり、やっと終わったかな〜と思ったら息子が突然高熱を出したのでした。

帰って来て暑い暑いと言うので、たしかに今日暑かったね〜と言ったら大声で泣きだし、私に抱きついてウワーンウワーンと叫んでいました。測ったら38.5度。そっちの「熱い」ね!

驚いた娘がタオルに巻いたアイスノンとOS-1をシャキーンシャキーン!と持って現れ、「うーた、OS-1は飲めないんだよ。麦茶持ってきて」と言ったらササっと注いできてくれました。

よだれがすごく出たのでそれを拭いたり、私の風呂や食事以外は離れることを許さず「きつくだきしめて!」と言うとおりにしてたのでコレうつらないほうが難しいよねと思いました…。
変な姿勢で腰は痛いし、久しぶりの夜中のおむつ交換など、ほとんど眠れなかったです。

翌日解熱したのですが念のため受診したらうっすら溶連菌が出ました。喉の痛みはなく、すぐ元気になってきたので良かったです。
こういう時はぜんそくが出やすいので飲み薬や吸入もしっかりねと言われました。



また連休後半にはしつこい息子に怒った娘が、もつれた姿勢で蹴りをいれ、息子の下の乳歯がぐらつきました。

片方絶叫、片方ごめんなさいごめんなさいの大号泣で阿鼻叫喚でした。
いやー最初怖くて歯を見られませんでした。
手や足を出すなと娘には注意していたのですが何せ息子がしつこいもので、気持ちは分かるけどチカラが全然違うから。

歯がよわいだの何時何分にぬける?だの一日中言い続ける息子を納得させるために歯科に行きました。
その歯がますますぐらついてきたので小児科から帰宅後はそちらでワーンワーンが始まって、一日中「なぜぼくはようれんきんになってしまった」「ぼくがようれんきんだなんて…」「ようれんきんのにょうけんさでけつにょう出たらどうするのか」「スイミングどうする?」と絡みに絡んできたり、つぶやき過ぎシローな息子を励ましつつ交わしていました。それだけで結構グッタリです(汗)

うっすら蕁麻疹か出て痒いので胃薬追加してもらって正解でした。


# by cavalian | 2019-05-18 15:58 | | Comments(0)

なぜ話すのか

なぜ話すのか

園の友人、3人に話した。
3人まで。ここまで。

一人は同じ係をする人、
一人は近所の人、
もう一人は上の子からの人
みんな何年かの付き合いで、信頼できる人たち。

最初は混乱もあって訳もわからず、ただ話したい気持ちが先走ってしまい、今話さなくてもいい人に話した部分もあったけど、園の友人についてはこの三人と決めていた。

特に常に忙しい、同じ一日をどう過ごしているのか分からないくらい忙しい友人に話したのは、健康診断を受けてほしいと思ったから。
友人は静かに泣いていて、でも笑いを交えてたくさん脱線しながら三時間もあれこれ話した。
私はまだ時々外食恐怖があるけれどこの人とだと平気になった。最初はドキドキしたけれど、だんだん慣れた。「慣れ」らしい。



私は自分が話すことで、知ってくれている人がいる、ちょっと助けてもらえる?と言える人がいる安心感を得たかった。
そしてとにかく一番伝えたかったのは健診の大切さだった。


# by cavalian | 2019-05-15 23:50 | | Comments(0)

答えにくいこと

答えにくいこと

二人の性格はどこか似ている。

私と正反対の性格の姉に病気のことを伝えたら、いつもは短文しか返さない姉が長文を返してきた。

姉の知人が同じ病気で、部分切除の予定が全摘になったこと、またその後も闘病をしていること、私と性格が似ていてその人と会うといつも私を思い出すことなどが書いてあった。
まだまだ頭が混乱している中で返す言葉が見付からずそのままになった。


手術方法などが決まってから古い友人に伝えると、話の中で「全摘じゃないんだね」という一言が返ってきた。
私はとても勝手に?傷付き、また病気の特集番組を教えてくれて「なかなか潔い人だよ」というようなことを言われたけど見るのはとてもできなかった。
生活環境も、ステージも、投薬、手術法も、元々の患部への思いもそれぞれだし、私は今は怖くて見られないと伝えて、そこから二、三日どういう気持ちでそれを言ってきたのかともやもやした思いで一杯だった。引きずるタイプです。見られないイコール、もうそういう情報はいいよと暗に伝えたつもりだった。

繊細な話に自分が思うような答えや対応を求めてしまうけれど、当然難しくて、私が逆の立場でもどう答えていいか分からずなかなか返事ができなかったと思う。短文だけとか、そのままになるとか。

自分は今の自分の状況を改善するために淡々と進めていくだけだけど、たまにぐらぐらしてしまう。
私より大変な思いをしている人の経験談は特にこたえる事が多く、人は人、私は私、今できることをやるだけと考える。

〜〜〜

コメント頂いた方へ、ありがとうございました。何だかんだと長いお付き合いになりますね(^ ^)こうしてたまに本音を書いていきたいと思います。


# by cavalian | 2019-05-05 22:35 | | Comments(0)